原因不明の痛みや病気を改善するたった3つの秘訣

風邪と鼻炎と気管支炎の原因が見えた
あなたには、健康不安や身体の悩みがありませんか?もし、その悩みを打ち明け適切なアドバイスが得られない環境に身を置いているのであれば、今回の記事は、大変興味深いものになるのではないでしょうか?なぜならば、
自己免疫性の難病である重症筋無力症からの回復
重症筋無力症であっても自力改善し始めている人からお便りが届いています。これまでも何人もの人が、『キュアハウスノート』を何冊も作りこんでいるという話を伺っています。知識を手に入れるための努力は非常に
漢方は即効性もあるし副作用もある
今回は漢方についてのお話になります。漢方は長期的に飲まなければならない。でも、副作用がないから安心。とはいっても、即効性はないから長期的に飲んでくださいね。と、一般常識では言われます。&l
原因不明の痛みや症状が治らない大きな原因となるものとは?
原因不明の痛みや症状が治らない理由の大きな原因の中に、『情報の受け取り方』があります。あなたは、どちらの受け取り方になっているでしょうか?&
腰まで伸びきった胃の修正法
胃下垂という状態には、胃自体がそのまま下に下がっている胃が下に伸びている横隔膜がたるんでいることで、横隔膜が下垂したことで胃も道連れになっている&
原因不明の病気であっても原因発掘できる秘訣
あなたは、原因不明の病気にかかったことがあるでしょうか?もし、治りにくい病気を発症してしまい、治療方法に四苦八苦しているのであれば、今回の記事は必ず目を通すようにしてください。なぜなら、どのような病気であって、どのような精密検査を受けても
肝硬変から肝臓を改善する方法
肝臓は、沈黙の臓器。医療の一般常識では肝臓をこう呼んでいます。けれど、臨床25年の私からすると、肝臓は最も自
子供の夜尿症が薬やアラーム療法でも治らない
今回は、お子さんの相談が届いていますので、そちらの回答をしていこうと思います。まずは、夜尿症という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ない場合には、こちらの言葉は知っているでしょう。『おねし
抗生物質の副作用が怖くて薬が飲めない?
今回は、抗生物質を飲んでも様々な副作用を恐れ飲まなければならなくても飲めない状況から抜け出す方法。要するに、抗生物質などの薬を飲んでも副作用を最小限に抑えられる体つくりについてお話していきます。これは、以下の悩み
3年前から意識が朦朧、頭がふわふわの正体とは?
これまで経験していない症状が突然やってくる。長く生きていると良くある状況です。これは、すべてそのような症状を起こすための生活が鍵だったりします。要するに、症状が出る前に何してたの?
乳ガンの手術の影響か左の首や背中の痛みが治らない
今回は、左半身に偏った痛みについての悩み相談に対する回答を行っていきます。病院で検査を受けることが重要と捉えている場合には、この記事は読まない方が良いかもしれません。なぜならば、この記事では、『医療に頼らず、自力
ストレスからか?胃もたれ、胃の痛み、下痢が40年も続いている
40年ほど前から胃の不調で悩んでいる方からの悩み相談が来ています。しかも、親族からのたった一言により胃痛が始まり、いまだに治らない?というよりも始めはなかったんだと思います。要するに、一言で生まれた症状を40年も
肩の痛みが2年以上も整形外科で治らない理由
病院は体の最高峰の治療所。と、多くの人が信じています。もちろん、私も大学生まではそう信じて生きてきました。けれど、信じて通院してもなかなか治らないことって意外と多いですよね?
アキレス腱やかかと周辺の痛みは足首の捻挫?
アキレス腱やかかと周辺に痛みが出れば『捻挫かな?』と、思うのが普通だと思います。けれど、捻挫には、捻挫になるような状況がなければ、捻挫になることはありません。アキレス腱やかかとの周辺であれば、捻挫以外にも、意外と大きな要素が含まれています。しかも、この手の痛みは、多くの医師や治療家が
便秘で出そうで出ない理由はストレスが原因?
便意を感じてトイレに駆け込んでも、なかなか便が出てくれない。下剤や浣腸で無理やり出そうとしても、スッキリせずに、ただただお腹が痛くなるだけ。そんな悩みを抱えているあなたにおススメの無料メール講座があります。
正しい宿便解消法を得るには便秘や下痢の本質を理解するところから
正しい宿便の解消法を手に入れて、腸内環境を綺麗サッパリの状態に戻したい。このような願望を抱いている人は多いと思います。数年前から大流行になっているデトックス。その数十年前から盛んに行われていた断食。すべては、便秘
健康になるにも維持するにも欠かせない胃腸のコントロールに必要な知識
健康になるためには、食事・運動・睡眠という健康三原則が重要になります。そして、食事を意味あるものにするためには、胃腸の存在が欠かせません。その胃腸に関しては、【消化器内科】が、専門医という認識になってしまっている